おいでやす。京つけもの老舗 千枚漬本家 大藤です。手づくりのお漬物を京都からお届けします。
千枚漬本家 大藤。京つけもの千枚漬発祥の老舗。慶応元年の創業以来、京の町屋で昔ながらの手づくりにこだわる京漬物を製造販売しています。




冬の京漬物、千枚漬。その歴史は当店からはじまりました。

江戸時代末期、幕末動乱にゆれる京都。
京都御所で働くひとりの料理方が旬の聖護院かぶらを使い一皿の浅漬けを考案しました。
かぶらの白と壬生菜の緑が美しい漬物は優美な姿と淡味淡泊な味わいで
宮中の人々にたいへん喜ばれたと伝わります。

慶応元年には御所を下がり、黒屋三郎の名前から一文字を取り
「大藤」と屋号を定め自らこの漬物を売り出しました。
宮中で評判の漬物は京都の町衆の間で「千枚漬け」と呼ばれて人気となり、
漬物商らがこぞって作り始めた事から市井の物となりました。

慶応、明治、大正、昭和、平成、そして令和。
5つの時代を越え、6つ目の時代を迎える大藤と千枚漬け。

今の時代もなお頑なに、昔ながらの漬けこみで作り続ける風味の暖簾。
この冬もひとひらの口福をお届けできますように。












10月の催事予定
最終日の終了時間は催事ごとに異なります。勝手ながら各会場の情報でご確認ください


JR京都伊勢丹 ■ 10月6日(水)~12日(火)
地下1階 老舗の味プロモーション


長崎浜屋百貨店 ■ 10月15日(金)~21日(木)
8階 催事場 第42回 古都錦秋 京都歴代のれん市


西武池袋本店 ■ 10月15日(金)~22日(金)
7階大催事場 第55階 京都名匠会 (出品のみ)


大分トキハ本店 ■ 10月21日(木)~27日(水)
8階催事場第52回 大京都展











大藤オンラインショップ【本店】のほかに、ショッピングモールにも店舗がございます









千枚漬本家 大藤  ● LAST UPDATE  2021/10/17
Copyright(C)2005. senmaizukehonke DAITO all right reserved